多汗症の体質で困っているという人は意外と多いようです。多汗症の改善を、手術をせずに行いたいという人もいます。病院で、多汗症の診察を最初に受けます。皮膚科が、多汗症を扱っています。医者に診てもらって、症状について知ります。手術をするのはあくまでも最終手段です。手術をしない治療方法としてはいくつかあります。多汗症が気になる場所に直接塩化アルミニウム液を塗り、汗腺を塞いで汗を防ぐ方法がそのひとつです。傷口や粘膜以外で、手のひらやわきの下など、部分的な多汗症に対して、塩化アルミニウムをつけるという方法は効果的です。汗をかかないようにするために、汗の出るところに電気を通すイオンフォーレシスというやり方も知られています。多汗症の症状がある場所に水道の水をつけて、通電するというものです。2週間はかかることを覚悟して、時間をかけて行っていかなければならない、多汗症の治療法です。週数回の治療を中止すれば、数か月で再発してしまうこともあります。日本ではあまり知られていない手術以外の多汗症治療の方法ですが、最近では自宅で使える機械も通販で購入できるようになりました。多汗症の症状を改善するために、交感神経に働きかけて汗が出にくくするという内服の薬も利用されています。手術以外の方法で多汗症を治療したいという人は、医師にその旨を述べてみるといいでしょう。

命の母ホワイトは太る副作用がある