にきび跡がクレーター状になることが、にきびが悪化することによってあるといいます。にきびが化膿し、炎症を起こすと、皮膚の真皮細胞までが傷つけられます。たとえにきびが治癒しても、回復することはないのが付いた真皮細胞です。陥没のあるお肌になり、かなりのコンプレックスになる人もいるでしょう。にきび跡のクレーターをきれいにする方法は、過去にはありませんでした。今では、重症のにきび跡クレーターでも、目立たないぐらいには改善することが、最新の治療法を使うことでできるといいます。クレーター状になったにきび跡ができても諦めず、皮膚科でとりあえず診断をしてもらうのがおすすめです。正しい治療法は、クレーターの大きさや陥没の深さ、お肌の状態によっても違うと言います。皮膚科で行われるにきび跡のクレーター治療は、程度が軽ければケミカルピーリングを行います。化学的に肌の表面をフルーツ酸などで削り、代謝を促すというのがこの方法です。にきび跡クレーターを治療するために、症状が重い場合はレーザーを照射するそうです。細胞の再生をレーザーの刺激で促し、にきび跡のクレーターを古い皮膚と新しい皮膚とを交替させることによってカモフラージュします。かなりの効果が期待できると言われているのでどうしても治療費が高くなりがちですが、にきび跡クレーターの治療はおすすめです。
ゴリラ脱毛の評判